キュナード|Cunard

CUNARD|キュナードライン

英国の伝統とエレガンスが常に進化する世界で最も有名な豪華客船と言えばキュナードのクイーンエリザベス、大西洋横断航路就航以来180年の歴史はレジェンドにふさわしい。

完全予約制 個別クルーズ説明会&相談会

コロナ禍のなか3密回避のため、お客様だけの個別キュナード説明会&相談会を実施しております。
(事前予約制:一組1時間程度)

クルーズ個別説明会、個別相談会

キュナード各船(クイーン・エリザベス、 クイーン・メリー 2、 クイーン・ヴィクトリア)の魅力、船内での過ごし方などホームページやパンフレットではお伝えしきれないクルーズ旅行のポイントやおすすめコースをクルーズコンサルタント資格を持ったスタッフが対応いたします。

個人クルーズ旅行·オーダーメイドの船旅をお客様に合ったご提案します。
クルーズ初心者の方、なんとなく船が気になる方、上質なクルーズがしたいけど何をどう選んだらよいかわからない方、お気軽にご参加ください♪

キュナード・ライン|CUNARD LINEの魅力

時を超えて人々に愛されるキュナードは、180年の歴史の中で、常にその時代のラグジュアリークルーズの象徴として船旅を支え輝き続けてきた。英国女王が命名する世界で唯一のクルーズラインとして保有する船舶には女王の名前を冠することが許可された世界唯一の豪華客船としても知られています。

キュナード物語

キュナードと言われてピンとこなくてもクリーンエリザベスと言われればクルーズファンでなくともあの豪華客船と思い浮かぶ方も多いのではないか。クルーズが日本でまだあまり認知されていなかった時代から豪華客船と言われれば英国女王の名を冠する客船。1934年に先代のメリー王妃の命名で「クイーン・メリー号」現在はアメリカロングビーチでホテルとして余生を送っている。や1938年にはエリザベス王妃が命名した「クイーン・エリザベス号」、そして1967年に「クイーン・エリザベス2号」QE2の愛称で親しまれている。日本人の憧れの世界一周旅行といえばやはりこのQE2抜きには語れない。

1839年にイギリスのリバポールでカナダ人のサミュエル・キュナードが英国政府と郵便配送の契約を結び翌年アメリカとヨーロッパを結ぶ大西洋航路に第1船となる「ブリタニア号」1,156トン、乗客115人を就航させる。これがキュナード社の始まりだ。当時としては画期的なばスルー、うや女性専用ラウンジ、ライブラリーなどを装備し豪華客船として富裕層から大いに支持された。時を同じくライバル社のホワイトスター・ライン社はご存知「タイタニック号」を投入するがその処女航海で悲劇に見舞われた。1934年にホワイトスター・ライン社を吸収統合し、そのサービスで定評だったライバルのホワイトスター・サービスを現在も継承している。ホワイトスター・サービスとは12条からなるポリシーで基本理念となっている。

現在キュナード・ラインではクイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベス2そして2022年就航予定の第4船目を製造中。

キュナード・ラインを選ぶ理由

風格の英国式おもてなし

一歩キュナードの船内に足を踏み入れるとそこは「英国」そのもの。保有客船に英国女王の名を冠することが許されていることからわかるように英国王室とのゆかりの深さが計り知れる。船内はクラシカルな雰囲気を持ちながらも洗練されたモダンなインテリアが落ち着いた大人のシーンを演出してくれます。

180年を超える伝統の冒険

キュナード・ラインは2020年に創業180年を迎えました。1922年より世界初の世界一周クルーズを行い、98年を超えた今でも継続して、年に一度のワールドクルーズの伝統が続いています。ここ数年のアジア人気で、日本発着クルーズ・日本寄港が増えるなど、新たな冒険の旅が待っています。また、2022年には新造船の投入が決定しておりキュナードから目が離せません。

7つの海の先の世界へ

キュナード・ラインの3女王の率いるクルーズは、毎回心踊り、新たな発見に胸が弾む未CHの冒険へと旅人を誘います。航空機が発達し短時間で目的地へ到着できる今、まさに旅が始まった当初の移動手段としての船旅は劇的に進化し、そして究極にラグジュアリーで他の旅行手段のついづいを許さない特別な空間とゆったりとした時間の流れをお約束します。

キュナードでしか味わえない伝説の英国の美食

キュナード伝統のお部屋カテゴリー毎の専用レストランは20世紀前半の豪華客船時代の食堂を再現したような優雅で上品な雰囲気の中でゆっくりとお食事ができます。クイーンメリー2には伝説のレストラン「ザ・ベランダ」が復活、かつてはファーストクラスの乗客専用だったが有料レストランとして現在創作フレンチを全てのゲストに体験していただけます。ブリタニア・レストランは2回制、グリル・クラスとブリタニア・クラスは1回制。他にもスペシャリティレストラン、バー、ラウンジで充実した美食をご堪能ください。

船内で時間を忘れ満足できる様々なプログラム

日中はワインテイスティング、フェンシング、社交ダンス、ピラティスやタンゴ教室、水彩画や写真教室など数々の教養講座等の船内プログラム、スパ&サロンで今夜の準備。夜は華やかなショーやバンド演奏でのダンスタイム、本場英国のエンターテイメントの上演などエレガントな世界に身を委ねて忘れられない思い出を。

キュナード・ライン|グリルクラスのご案内

2つの専用ダイニング(レストラン)「クイーンズ・グリル」と「プリンセス・グリル」を利用する客室カテゴリーを、キュナードでは「グリルクラス」と称しています。グリルクラスだけのサービスや専用エリアで特別な時間をお過ごしいただけます。

クイーンズ・グリル

広々としたバルコニーと独立したリビングのある客室。
このクラスのお客様だけの1回制の専用ダイニング「クイーンズ・グリル」では、コース料理やアラカルトをお召し上がりいただけます。

サービスとアメニティの例

◆ 広々としたバルコニーと、独立したリビングのあるお部屋
◆ バトラー・サービス
(お部屋専属のバトラーが、快適な旅のお手伝いをいたします)
◆ ジェットバスタブが付いた、大理石のバスルーム
(英国王室御用達のブランド・ペンハリガンの限定アメニティがございます)
◆ インスイート・ダイニング
(お部屋内でも専用ダイニングと同じメニューを召し上がれます)
◆ インスイート・バー
(ワインまたはスピリット、ソフトドリンク)
◆ ご乗船時のウェルカム・シャンパンとチョコレート

ダイニング「クイーンズ・グリル」を利用する客室

クイーン・エリザべス、クイーン・ヴィクトリア共通
◇グランドスイート(Q1) ◇マスタースイート(Q2) ◇ペントハウス(Q3,Q4)
◇クイーンズスイート(Q5,Q6)

クイーン・メリー2
◇グランド・デュープレックス(Q1) ◇デュープレックス・アンド・スイート(Q2)
◇クイーン・メリースイート(Q2) ◇クイーン・エリザベススイート(Q2)
◇ロイヤルスイート(Q3)◇ペントハウス(Q4)◇クイーンズスイート(Q5,Q6,Q7)

プリンセス・グリル

プライベート・バルコニーとウォークイン・クローゼットを有した全室リビング付きの広々としたスイート。1回制の専用ダイニング「プリンセス・グリル」では、多彩なコース料理やアラカルトも営業時間内のお好きな時間にいつでもご利用いただけます。

サービスとアメニティの例
◆ リビングエリアのあるお部屋
◆ パーソナル・コンシェルジュ サービス
◆ グリルズ・ラウンジ、 コートヤード、グリルズ・テラスのご利用
◆ ピロー・コンシェルジュ・メニュー(お好みの枕をお選びいただけます)
◆ 上質のバスローブとスリッパ
◆ ご乗船時のウェルカム・ワインとチョコレート
◆ 毎日のフレッシュ・フルーツ
◆ お客様専用のお名前入りステーショナリー

ダイニング「プリンセス・グリル」を利用する客室

3隻共通
◇プリンセススイート(P1,P2)

ブリタニアのご案内

専用ダイニング「ブリタニア・クラブ」または「ブリタニア・レストラン」を
利用する客室カテゴリーを、「ブリタニア」と称しています。
全室バルコニー付のお部屋からシングルタイプまで、お客様のご要望に合わせてお選びいただけます。

ブリタニア・クラブ

全室バルコニー付きのスタイリッシュで快適な客室。1回制の専用ダイニング「ブリタニア・クラブ」では、趣向を凝らしたコース料理やアラカルトを営業時間内のお好きな時にお召し上がりいただけます。

ダイニング「ブリタニア・クラブ」を
利用する客室

3隻共通
◇クラブ・バルコニー(A1,A2)

ブリタニア

英国王室御用達のペンハリガンのアメニティなどが備えられた上質のスタンダード・クラス。2回制の専用ダイニング「ブリタニア・レストラン」での夕食は、コースやアラカルトメニューをお召し上がりいただけます。

ダイニング「ブリタニア・レストラン」を
利用する客室

クイーン・エリザべス、クイーン・ヴィクトリア共通

クイーン・エリザべス、クイーン・ヴィクトリア共通
◇バルコニー(BA,BB,BC,BD,BE,BF,CA,CB)
◇オーシャンビュー(EB,EC,EF,FB,FC)
◇デラックス(内側)(GA,GB,GC) ◇スタンダード(内側)(IA,ID,IE,IF)
◇シングル(KC,LC)
※一部視界が遮られます/CA,CB,FB,FC

クイーン・メリー2
◇バルコニー(BB,BC,BF) ◇バルコニー(船体内・屋根付き)(BU,BV,BY,BZ)
◇バルコニー(一部視界が遮られます)(DB,DC,DF)
◇オーシャンビュー(EF) ◇アトリウムビュー(内側)(HB)
◇スタンダード(内側)(IA,IB,IC,IE,IF)
◇シングル(オーシャンビュー)(KB,KC) 

キュナード・ライン|クルーズ代金に含まれるもの

詳しくはクルーズガイドをご参照ください。(海外発着コース)
詳しくはクルーズガイドをご参照ください。(日本発着コース)

しっかり気にしたいクルーズでの服装は......

非日常の一流を楽しんで。クルーズの服装はむつかしく考えない。

日中や寄港地観光中は動きやすいカジュアルな服装で過ごせます。夕食以降お休みまでは船上のエレガントな雰囲気に合わせてお洒落を楽しんでくださいという考え方で「ドレスコード」が設けられています。
ドレスコードは「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」の3タイプに分かれドレスコードの指定は船内新聞で確認しましょう。

■日中はカジュアルな服装でお過ごしください。

■18時以降のドレスコード
フォーマルやセミフォーマルの装いもお楽しみいただける日(フォーマル オプショナル)がございます。フォーマル オプショナルとなるその2晩は、通常のエレガント カジュアルはもちろん、お好みに応じてよりフォーマルな服装でお楽しみいただけます。
・女性はイブニングドレスやカクテルドレス
・男性はタキシード、ディナージャケット、ダークスーツにネクタイなどがおすすめです。

カジュアル
いわゆる「普段着」です。
ジーンズや半ズボン、TシャツでもOK。

女性: ブラウスにスカートやスラックスなど。

女性: ブラウスにスカートやスラックスなど。

男性: 襟付きシャツやポロシャツにスラックスなど。 上下別々色でOK。ネクタイ不要。

男性: 襟付きシャツやポロシャツにスラックスなど。 上下別々色でOK。ネクタイ不要。

 

インフォーマル
「ちょっと」のおしゃれ感覚です。
お洒落なレストランにお食事行くような服装で。

女性: ワンピースやスーツ。 もしくはカジュアルウェアにアクセサリー

女性: ワンピースやスーツ。 もしくはカジュアルウェアにアクセサリー

男性: ジャケットやブレザーなど着用。 上下はそろえたほうがよい。ネクタイはあったほうがよい。

男性: ジャケットやブレザーなど着用。 上下はそろえたほうがよい。ネクタイはあったほうがよい。

 

フォーマル

一番おしゃれなのがフォーマルです。
パーティや結婚式の服装で。

女性: イブニングドレスやパーティドレスに和服もお勧め、 ワンピースなら派手めのアクセサリー。 ショールはあると便利ですよ(寒さ対策など)。

女性: イブニングドレスやパーティドレスに和服もお勧め、 ワンピースなら派手めのアクセサリー。 ショールはあると便利ですよ(寒さ対策など)。

男性: ダークスーツにネクタイ。 タキシードの方も中にはいます。

男性: ダークスーツにネクタイ。 タキシードの方も中にはいます。

 

クルーズコンサルタントに相談しよう!

アツラエ|旅誂屋では認定クルーズコンサルタントがお誂えいたします。
クルーズコンサルタントとは?日本外航客船協会のセミナーを通じて世界中のクルーズの専門知識を修得し、クルーズアドバイザー認定試験に合格したクルーズ旅行のスペシャリストです。

理想のクルーズ旅行の実現にはプロのアドバイスがとても大切です。

船旅のスタイルは十人十色、周年旅行、家族旅行、ご夫婦旅行、ハネムーンなど多様なクルーズの旅を応援します。お誂えクルーズ旅で夢が叶います!

日本からの航空券+前後泊ホテル+観光+送迎含めたセットプランでもお手伝いをいたします。
電話、メール、オンライン、来店での相談受付中
まずはお気軽にご相談ください。

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

ご希望方面または国

表題タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

ご希望はクルーズ単体?日本からのセットプラン?
どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

あわせて読みたい

  1. ポール・ゴーギャン・クルーズ|Paul Gauguin Cruises

  2. パンフレット: 予約から乗船まで: シーニック|Scenic

  3. ヨットチャーター、クルーザーチャーターの事なら名古屋のatsulae|旅誂屋に相談

    アツラエ・ラグジュアリー・ヨット・チャーターについて|Atsulae Luxury Yacht Charter

  4. 予約から乗船まで: リージェント・セブンシーズ・クルーズ|Regent Seven Seas Cruises

  5. おすすめコース: ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション|エヴリマ

  6. オーシャニア レガッタ

    オーシャニア・レガッタ: オーシャニア・クルーズ|Oceania Cruises

  7. BVLGARI-BEIJING

    BVLGARI HOTELS & RESORTS|ブルガリ ホテルズ & リゾーツ

  8. デジタル パンフレット: リージェント・セブンシーズ・クルーズ|Regent Seven Seas Cruises

  9. おすすめコース: リージェント・セブンシーズ・クルーズ|Regent Seven Seas Cruises