ルフトハンザ航空 6月より順次運行再開へ

ルフトハンザ航空

ルフトハンザグループ、6月から運航路線を大幅に拡充

  •  週1,800便超を運航予定
  •  ドイツ国内・欧州内106都市超、長距離20都市超への運航を近日再開
  •  グループ各航空会社のフライトスケジュールを密接に連携
  •  日本路線はフランクフルト=東京(羽田)線の週3便運航を継続、SWISSのチューリッヒ=東京 (成田)線の週2便運航を再開

ルフトハンザ グループ各航空会社は、過去数週間にわたって縮小していた運航路線を、6 月の フライトスケジュールにおいて大幅に拡充します。

ルフトハンザ ドイツ航空、スイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)、およびユーロウイングス は、6 月の各社のフライトスケジュールにおいて、さまざまなレジャー先や夏のバカンス先、および 長距離路線の目的地への運航を再開します。

6 月末までに、ドイツ国内・欧州内 106 都市超、大陸間 20 都市超への運航を再開することにより、 すべての旅行者の皆様に向けて大幅に拡充された路線網をご提供できるようになります。第 1 弾 となるフライトは、5 月 14 日より、予約システムにおいてご予約可能となっています。

6 月末時点で、ルフトハンザ グループ各航空会社は、世界 130 都市を超える目的地への往復便 を週 1,800 便ほど運航する計画です。 ルフトハンザ グループの執行理事会メンバーであるハリー・ホーマイスターは次のように述べて います。「6 月のフライトスケジュールにおいて、私たちは、ドイツと欧州の経済力の不可欠な一部 である航空インフラの活性化に重要な貢献を果たそうとしています。観光目的かビジネス目的かを 問わず、人々は再び旅行することを望み、そして再び旅行できるようになります。そのために私たち は、今後数か月にわたって運航の段階的な拡充を続け、欧州各国間、および欧州と世界とを繋げて まいります。」

この度、ルフトハンザ ドイツ航空において 6 月前半に運航が再開されるドイツ国内および欧州内の 路線は、フランクフルト発着のハノーファー、マヨルカ、ソフィア、プラハ、ビルン、ニース、マンチェスター、 ブダペスト、ダブリン、リガ、クラクフ、ブカレスト、およびキエフの各路線、ならびにミュンヘン発着の ミュンスター・オスナブリュック、ジルト、ロストック、ウィーン、チューリッヒ、ブリュッセル、および マヨルカの各路線です。

また、フライトスケジュールに含まれる長距離路線の目的地は 5 月から 6 月前半にかけて 14 都市 増え、19 都市となります。これにより 6 月半ばまでに、ルフトハンザ ドイツ航空、SWISS、および ユーロウイングスを合わせて、5 月の 4 倍近い週 70 便超の国際線が運航されることとなります。 6 月後半には、ルフトハンザ ドイツ航空の長距離路線のさらなる運航再開が計画されています。

この度、ルフトハンザ ドイツ航空が再開するフランクフルト発着の長距離路線は以下のとおりです (ただし、各国の渡航制限等により変更となる可能性があります)。

トロント、メキシコシティ、アブジャ、ポートハーコート、テルアビブ、リヤド、バーレーン、ヨハネスブルグ、 ドバイ、およびムンバイへの各路線。なお、ニューアーク/ニューヨーク、シカゴ、サンパウロ、東京 (羽田)、およびバンコク路線も引き続き運航されます。

この度、ルフトハンザ ドイツ航空が運航を再開するミュンヘン発着の長距離往復路線は以下の とおりです(ただし、各国の渡航制限等により変更となる可能性があります)。 シカゴ、ロサンゼルス、およびテルアビブへの各路線。

すべての路線のご予約は、lufthansa.com にて可能です。

ルフトハンザ グループ各航空会社のフライトスケジュールは密接に連携しているため、欧州内 および大陸間路線のさまざまな目的地への乗り継ぎを再びご利用いただけます。

オーストリア航空は、5 月 31 日までとしていた定期便運休期間を、6 月 7 日まで 1 週間延長する ことを決定しました。6 月中の運航再開を検討中です。

SWISS は、地中海地域のさまざまな目的地への運航再開を計画しています。また、欧州の各主要 拠点(パリ、ブリュッセル、モスクワ等)もスケジュールに追加される予定です。

SWISS の長距離路線では、現行のニューヨーク/ニューアーク(米国)への週 3 便に加えて、6 月中 にさらなる大陸間直行便の運航が再開されます。チューリッヒ発着のニューヨーク JFK(週 4 便)、 シカゴ(週 2 便)、シンガポール(週 1 便)、バンコク(週 1 便)、東京/成田(週 2 便)、ムンバイ(週 3 便)、香港(週 2 便)、およびヨハネスブルグ(週 1 便)が運航再開される計画です。

ユーロウイングスは 5 月以降、デュッセルドルフ、ケルン/ボン、ハンブルク、およびシュトゥットガルト の各空港を発着する基本的な路線を拡充し、欧州内のさらなる 15 都市への運航を段階的に再開 します。地中海地域のさまざまな目的地に注力し、スペイン、ギリシャ、ポルトガル、およびクロアチア 路線を運航予定です。さらに、ドイツ国内の複数の都市から、マヨルカ島行きの路線が再び運航され ます。

ルフトハンザ グループ
ルフトハンザ グループは、売上規模で世界最大の航空グループで、ヨーロッパの航空業界をけん引する企業 です。顧客、従業員、ステークホルダー、パートナーの皆様にとって、「最初に選ぶエアライン」になるべく、 努力を続けています。 安全性、品質、信頼性と革新性は、様々な企業活動を通じて重要視する最優先課題 です。

ルフトハンザ グループは、ルフトハンザ ドイツ航空、スイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)、オー ストリア航空の各プレミアムブランドからなる旅客航空会社、ポイント・トゥ・ポイント型航空会社、そして関連サ ービス会社の 3 戦略分野で構成されています。旅客航空会社はそれぞれ、フランクフルト、ミュンヘン、チュー リッヒ、ウィーンをハブ空港としています。ユーロウイングスブランドによるポイント・トゥ・ポイント型航空会社で は、成長著しい個人旅行市場において、長距離、短距離路線をご提供しています。関連サービス会社は、世 界の主要市場において業界をけん引しており、航空ビジネスの拡大に成功しています。

詳細情報は www.lufthansagroup.com でご覧いただけます  

あわせて読みたい

  1. 2022年7月3日:世界の絶景コリントス運河を通過するイオニア海7泊8日 (アテネ~ドブロブニク): シードリーム・ヨットクラブ

  2. 2022年7月30日:アドリア海とエーゲ海クルーズ7泊8日 (ベニス~ピレウス): ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション

  3. 2021年10月23日:日本周遊(東京~横浜)10泊11日| セブンシーズ・エクスプローラー

  4. 2021-2022年:ガラパゴス諸島ウェスタン・クルーズ7泊8日 (サンクリストバル~バルトラ島): シルバー・オリジン

  5. 2022年8月6日:エーゲ海とギリシャの島々クルーズ7泊8日 (ピレウス~ピレウス): ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション

  6. 2021年4月24日:ゴールデンウイーク ガラパゴス諸島ウェスタン・クルーズ7泊8日 (サンクリストバル~バルトラ島): シルバー・オリジン